HOME工学部の構成 電子システム工学科

電子システム工学科

IT社会を支える技術で暮らしに貢献するエンジニアへ。


電子システム工学とは、電子工学とコンピュータ技術が融合した工学分野であり、その技術はインターネットや携帯電話などの情報機器を発展させ、私たちの生活に大きな変化をもたらしました。電子システム工学科では、電子回路や電気磁気学、コンピュータ技術やプログラミングなど、ハードウェアとソフトウェアの両面について基礎から学び、現代のIT社会を支えるエンジニアを育成します。

通信ネットワークシステムコース

国境を越えて人と人をつなぐ通信ネットワークの技術を学ぶ。

通信ネットワークシステムとは?
携帯電話やインターネット、海外からの中継など、人と人を通信でつなぐネットワークを支える技術で、現代の私たちの生活に欠かせないものとなっています。
生活に身近な技術から学び、理解を深める。
電子工学とコンピュータ技術を基礎から学びながら、通信ネットワークシステムへの理解を深めていきます。携帯電話やインターネットの仕組み、ネットワーク構成技術などについても学びます。このコースでは陸上特殊無線技士および工事担任者の資格取得をサポートしています。

通信ネットワークシステムコース01

通信ネットワークシステムコース02

将来の進路

通信システムエンジニア/フィールドエンジニア
通信関連や携帯電話関連の企業でエンジニアとなるほか、無線設計エンジニアや無線技術士などとして幅広い業界で活躍する道が開けています。

映像・音響システムコース

映像や音の仕組みを理解し、次世代システムを創造できる人材を育成。

映像・音響システムとは?
生活に身近なテレビや携帯音楽機器をはじめ、放送局や音楽ホールの装置などに、映像システムや音響システムは幅広く利用されています。
映像と音を多方向からのアプローチで学ぶ。
AVシステムを創造するために必要な電気・電子回路やデジタル信号処理、プログラミングなどをはじめ、人間の視覚・聴覚の特徴までを総合的に学習します。実験や実習科目を豊富に取り入れ、次世代システムに対応する実践的な能力の習得をめざします。

映像・音響システムコース01

映像・音響システムコース02

将来の進路

マルチメディアクリエイター/AVシステムインテグレーター
放送局やカーオーディオメーカーなどでAVシステムに携わるエンジニアや、電気・電子技術者としての道が開かれています。

生物・生体システムコース

生体の持つ力を工学的に応用し、医療や情報処理分野の新しい未来を開く。

生物・生体システムとは?
生物を動かしている電気信号の働きを調べて医療に応用するなど、生体のメカニズムを解明・模倣し、高度な情報処理システムを実現する技術です。
生体の動きを解明・応用する最先端の研究。
生体を動かす電気信号などのメカニズムを解明し、工学的に応用する技術を学びます。脳機能を模した情報処理(ニューロ・コンピューティング)、脳神経細胞によるバイオ・コンピュータ、生物の機能を模倣したシステム(バイオ・ミメティクス)、病院の医療機器などの技術を学びます。

生物・生体システムコース01

生物・生体システムコース02

将来の進路

バイオシステムエンジニア/メディカルシステムエンジニア
生体の持つ高度な情報処理システムの技術を応用できる医療機器メーカーのほか、エレクトロニクス業界や情報産業など多様な進路が考えられます。

デジタルシステムコース

小型化、高性能化を可能にするコンピューターの核となる技術を学ぶ。

デジタルシステムとは?
コンピュータの核となる、データを数値化して取り扱うデジタル技術に基づくシステムです。パソコンや携帯型ゲーム機などの高性能化・小型化を可能にします。
ハードウェアとソフトウェアを基礎から学ぶ。
コンピュータのハードウェアとソフトウェアの両方に用いられる技術を基礎から幅広く学びます。コンピュータの仕組みやデジタル機器に用いられる技術の知識、デジタル技術に関連したシステムの知識などさまざまな角度から学び、コンピュータのシステムについて理解していきます。

デジタルシステムコース01

デジタルシステムコース02

将来の進路

デジタル機器のエンジニア/システムエンジニア(SE)
デジタル機器の設計、デジタルシステムのプログラムやSE開発技術者、システムの保守・管理をする仕事など幅広い進路が考えられます。

TOOLS