HOME学科紹介電子システム工学科 学科紹介

学科紹介

基礎知識を修得し、専門分野で将来の可能性を拡張。
「ソフト×ハード」のテクノロジーで次世代の技術者をめざす。


電気・電子、情報通信など技術革新が進むエレクトロニクスのフィールドで時代を拓くエンジニアを育てる電子システム工学科。ソフトとハードに関する知識を基盤に、自ら考える能動的な学びで、社会に必要とされる応用力を養います。

電子システム工学科

4つのコース


通信ネットワークシステムコース

通信ネットワークシステムコース01

人と人を「通信」でつなぐ技術を学び、次代のエンジニアへ

映像・音響システムコース

映像・音響システムコース01

映像と音についての「仕組み」を理解し、次世代システムに挑戦

生物・生体システムコース

生物・生体システムコース01

医療や情報処理分野の新しい未来を開くテクノロジーを学ぶ

デジタルシステムコース

デジタルシステムコース01

ますます小型・高性能化が求められるデジタル機器、その核となる技術を修得

コラボレーションコース


ロボットコース(機械システム工学科とのコラボレーションコース)

ロボットコース01

機械とその制御を両面から学び、高性能ロボットの開発に挑戦する。

環境・エネルギーコース(機械システム工学科とのコラボレーションコース)

環境・エネルギーコース01

新しいエネルギー技術の研究から環境問題の解決策を探る。

学科DATA

2016年5月1日 現在
取得できる学位
学士(工学)
人数
学生  348名
留学生 66名
留学生比
留学生18.9%日本人学生81.1%
  
※留学生は外国籍学生を示します。
学生男女比
男子322人女子26人
80% 20%
関連する資格・
試験
  • 教員免許(中学校教諭、高等学校教諭)
  • 電気工事施工管理技術検定受験資格( 国土交通省)
  • 第一級陸上特殊無線技士(総務省)
  • 工事担任者電気通信技術の基礎受験免除(総務省)
活躍が期待されるフィールド
  • 機器関連メーカー
  • 電子機器メーカー
  • 各種デザイナー
  • コンピュータ関連産業
  • 医療機器メーカー
  • 研究開発 など

電子システム工学科のポイント

私たちの学科で行われている研究の一例を紹介します。

ロボット技術が世界を変える!~自動運転という夢のあるロボットカーを目指して~

ロボットには、人の形をした二足歩行ロボットをはじめ、無人で目的地まで運んでくれるロボットカーなど様々なものがあります。例えば、電子システム工学科の研究室では、GPSを用いて現在の位置測位を行いながら目的の場所へ移動する自走式ラジコンカーの製作に関する研究を行っています。これは『電子システム工学科ならでは』のハードウェアとソフトウェア技術の集大成の一例にすぎません。みなさんも、ぜひ私たちと一緒に夢あるエンジニアを目指してみませんか?

GPS自走式ラジコンカー

バイオの技術を支えるエレクトロニクス~医療機器・バイオテクノロジー~

ER(救急救命室)やドクターヘリ、ドラマなどでも先端の医療技術を目にする機会が増えました。遺伝子組み換えや遺伝子治療など、バイオテクノロジーもアニメや映画の世界の話では無くなってきています。これら先端の医療機器や、バイオの技術を支えているのもエレクトロニクスです。たとえば、私たちは遺伝子の組み替えをサポートする技術を研究しています。左で紹介しているのは、1秒間に5万回の振動でDNAの注入をスムーズにする技術です。

バイオの技術を支えるエレクトロニクス

バイオの技術を支えるエレクトロニクス~医療機器・バイオテクノロジー~

ゲームの中でこんな場面を見たことはありませんか?船がゴールまで陸地に衝突せず、出来るだけ短い航路を航行します。これはゲームだと簡単そうですが現実では難問です。実際の船は減速やバックを簡単に行えず、潮流に乗って動いています。どのように舵をとればよいでしょう?こうした問題の解決手段として強化学習アルゴリズムが注目されています。強化学習は人間や動物が自分の体を自由に動かすために行う学習で、自転車に乗れるようになるまでのプロセスによく似ています。

強化学習アルゴリズム

TOOLS