HOME学科紹介機械システム工学科 卒業生の活躍

卒業生の活躍

鈴木直道さん

NECモバイリング株式会社

学部奨学生に選ばれて、勉強とアルバイトの両立に自信がついた。

鈴木貴道 さん
2012年3月卒業
茨城県・県立水海道第一高等学校

2年次と3年次に学部奨学生に選ばれました。ゼミでは小児病棟に入院する子供のストレス軽減を目的とした螺旋移動型ロボットの研究に取り組み、他大学とのロボットコンテストにも参加しました。というと勉強ばかりしていたようにみえますが、大学生になったら社会経験としてアルバイトをしようと思っていたので、1年生の夏休みにお寿司屋さんでアルバイトを始めました。八王子キャンパスに通っていたので、高尾山の薬王院で初詣の手伝いもしました。アルバイトを通して随分視野が広がったように思います。工学部は勉強や研究が忙しいので、課題や提出物の期限は守る、試験の前はテレビを見ないなど自分で目標管理をして2年生で学部奨学生に選ばれたときはとてもうれしかったです。
同期入社20人。4月1日から霞ヶ関の本社で研修が始まります。ライバル20人の中で早く昇進したいと今からやる気十分です。
川邉和宏さん

日野自動車株式会社

研究を通じてエンジニアとして成長できました。

川邉和宏 さん
2008年3月卒業
栃木県・佐野高等学校出身

機械設計の仕事に携わる父の影響で、私も設計に関心を抱くようになりました。なかでも、機械工学とシステム工学の両面から学べるところに魅力を感じて拓殖大学の入学しました。学部時代には教職を履修し、英語研究会で語学も磨くなど、多様な分野を学んだことで、ものごとを多面的に捉えられるようになったと思います。
研究においては、モノの「質感」を数値化するテーマに挑戦。卒業研究だけでは物足りなくて、大学院に進学して研究を続けました。また、授業の手伝いや後輩の指導などを通じて相手のことを考えることを学びました。自動車の設計開発の仕事をするうえでも、乗る人や街行く人、さらには地球環境などにも配慮し、総合的な意味で「人にやさしい」自動車づくりに携わっていきたいと考えています。
飯塚洋介さん

蛇の目ミシン工業株式会社

社会で役立つ知識や技術を実践的に学べます。

飯塚洋介 さん
2008年3月卒業
群馬県・館林高等学校出身

子供のころから最先端の記述を駆使してものづくりに挑戦してみたいと考えていました。機械システム工学科では、自分で設計し、試行錯誤を繰り返しながらものづくりに挑戦できるので、私にとっては恵まれた環境だったと思います。特に魅力的だったのは、大学のキャンパス内に工場があり、本格的な実験や実習に取り組むことができるところです。作りやすい形状を考えながら図面を描き、実際に作ってみて課題を考える、というサイクルで学ぶことができたので、社会でも役立つ実践力が身についたと思います。
川口義高さん

本田技研工業株式会社

夢をアピールして、憧れの企業のエンジニアに。

川口義高 さん
2009年3月卒業
埼玉県・埼玉平成高等学校出身

環境にやさしいエネルギーとしてソーラーパネルが有名ですが、僕の夢はこれをパネルでなく塗料で実現すること。夢を大切にする憧れの企業に就職することができたので、ビジネスジェット機のエンジニアとしてこの夢を実現したいと考えています。
鈴木健弘さん

インターンシップ(就職支援プログラム)

目標ができた2週間になりました。

鈴木健弘さん
2012年3月卒業

学んできたことが実際の職場でどのように必要になるか試したくて、インターンシップに参加しました。
ドライヤーグループという乾燥させて空気を作る機械の開発・販売をしている所で、2週間実習させてもらいました。実験や試験を通じて技術職の難しさを肌で感じることができ、アルバイトとの違いや、職場の雰囲気もわかりました。また、実験やいろいろなお話を通じて、コストダウンや合理化、利益を出すことの難しさについて知り、大学で得られる知識や経験が職場でも必要だということが分かりました。
2週間大変でしたが、大学では経験できないことが経験でき、充実した時間となりました。参加して本当に良かったと思います。
清水基貴さん

インターンシップ(就職支援プログラム)

興味のある業界・職種を知るチャンス

清水基貴 さん
2012年3月卒業
埼玉県・川越南高等学校出身

参加した一番の理由は、「自分の興味ある業界を実際に体験してみたい」と考えたからで、まさに「百聞は一見に如かず」です。私は設計部門に前々から興味があったのですが、「設計部門とは設計者だけで成り立っているのだろうか?」、「設計をするくらいだから難しい業界なのだろうか?」と色々と疑問が多くありました。
インターンシップ中は、自ら設計する機会や社員の方々に設計や社会人に対する疑問をお伺いする機会があり、仕事の難しさや楽しさ、社会人と学生の差などを知ることができました。疑問に思っていたことを知ることや、学生にはできない色々な体験をすることができ、内容のある2週間を送ることができました。インターンシップに参加して本当に良かったと思います。
池田圭佑さん

首都大学東京 大学院

首都大学東京 大学院で数理情報科学を学びます。

池田圭佑 さん
2013年3月卒業
上越高等学校(新潟県)出身 H25.3卒業

2年次に受けた工業数学の授業で、実用数学の美しさを感じました。内容は高校数学に比べて遥かに難解なものでしたが、授業中に近くまで来て声をかけてくれた先生のおかげで、頑張る力と興味が湧いてきたように思います。2ー3年次に受けた専門科目の中でも数学が使われ、その手法の説明を受け、実験・実習の中でふれているうちに、実用数学への興味がますます深くなっていきました。そのため4年次の研究室選びでは、迷うことなく「計算力学研究室」を希望したのですが、その研究室は、実用数学と実験を組み合わせて材料特性を推定するという、難しそうなことをテーマにしている所でしたので、ついていける自信はありませんでした。指導いただける先生が丁寧に授業を進めてくれる先生だったことと、自分の興味だけで飛び込んだ感じです。案の定、とても丁寧に指導していただいたので、実用数学への興味はますます深くなり、大学院進学を考えるようになりました。

大学院では、今以上に数学やコンピュータに近い研究をしてみたいと思ったので、首都大学東京 大学院 数理情報科学専攻を受験したところ、合格できました。今はインターネットや情報セキュリティに興味があるので、大学院を修了したらIT関係の職に就きたいと思います。

在学生にメッセージを送るとしたら、「大学は好きな授業を受けられる所です。自分の興味に合う授業をとって勉強してほしいと思います。」と伝えたいですね。
*写真は拓殖大学です。

TOOLS