HOME工学部NEWS
2015年09月25日デザイン学科

工学部デザイン学科3年生チームが「学生観光まちづくりコンテスト2015」で入賞

全国の大学生が観光まちづくりプランを競い合うコンテスト「大学生観光まちづくりコンテスト2015」(主催:大学生観光まちづくりコンテスト運営協議会、後援:観光庁、文部科学省、総務省、経済産業省など)に本学学生が参加し、青森ステージにてクリエイティブ賞を受賞しました。

http://gaku-machi.jp/
 

本学からは、工学部永見豊准教授が指導するデザイン学科3年生2チームと国際学部徳永達己教授のゼミ生グループの計3チームがエントリーしました。
デザイン学科のナガミカツチーム(リーダー:深水桃子)は青森ステージの予選を通過し成果発表会出場、残り2チームは山梨ステージの予選通過はなりませんでしたが、「ポスターセッション」参加チームに選出されました。
 

9月14日に青森市ねぶたの家ワ・ラッセで開催された青森ステージ成果発表会では、(1)青森の芸能・文化(2)青森の食(3)青森での体験 を軸とした「観光まちづくり」のプラン作成課題に対して、8大学11チームが発表を行いました。
 

20150925_machicon01

発表の様子

20150925_machicon02

クリエイティブ賞を受賞

20150925_machicon03

表彰状と副賞をいただきました

20150925_machicon04

ワ・ラッセにて記念撮影

【ナガミカツチームの提案】

学生たちは、夏季休暇中に青森を訪れ、ねぶたの迫力、歴史のある街並みを調査しました。親切な地域の方たちとのふれあいを通して、また訪れたいという感情が芽生えていました。
 

グループワークを繰り返し行い、「自分たちなら」何に興味を持つか、どこに行きたくなるか、楽しいか、うれしいかを問いかけながら、プランを作成していました。特に、「学生の欲しいものは何か」の問いに対しては「単位だ!」と答えを出したのは、素直な感情だと思います。それから、単位が取れて、経験も積めるインターンシップの企画へと展開していきました。もっと多くの学生に青森を訪れてもらいたいとの気持ちをこめて、「きっかけはインターンシップ あおもりんぐプロジェクト」を企画しました。

【参加チームのテーマと参加学生】

青森ステージ 成果発表会出場 クリエイティブ賞

「きっかけはインターンシップ あおもりんぐプロジェクト」
ナガミカツチーム(指導教員:永見豊准教授)
深水桃子(リーダー)、吉田圭汰(副リーダー)、志賀華、中村絢音、佐藤開紀(デザイン学科3年)

山梨ステージ 「ポスターセッション」参加チームに選出

「富士川下りのブランド計画」
最終兵器拓大チーム(指導教員:永見豊准教授)
高浜想太(リーダー)、鈴木俊(副リーダー)、淺沼祐哉、菅原翔平(デザイン学科3年)
「プロジェクトYターン」
徳永研究室チーム(指導教員:徳永達己教授)
ニヨンジマいづみ(リーダー)、大徳諒太郎(副リーダー)、牧野広太、チンチーヤ ホスエ アントニオ、渡辺真純、中嶋真佑、岡本憲聖、佐藤柊也(以上国際学部)、熊木夕佳(都留文科大学)

 

20150925_machicon05

ポスターセッションの様子

20150925_machicon06

徳永研究室のメンバー

TOOLS