HOME工学部NEWS
2016年09月23日NEWS

工学部 デザイン学科 メディアデザインコース:デザインプロジェクト演習「インバウンド効果による奥会津・只見線沿線エリアの活性化」の合同ゼミ開催

デザイン学科 3年後期に開講している「デザインプロジェクト演習」では、コースごとにテーマを設定し実践的なプロジェクト演習に取り組んでいます。

本年度のメディアデザインコースでは、奥会津五町村活性化協議会および奥会津振興センターの支援のもと、 他大学と連携して「インバウンド効果による奥会津・只見線沿線エリアの活性化」をテーマとするプロジェクトに取り組みました。

そのプロジェクトの一環として、2016年9月12日から13日にかけて奥会津で合同ゼミが開催され、 合計37名の大学生(拓殖大学13名)が参加し、それぞれが進めてきた奥会津・只見線沿線を活性化する提案を発表しました。

この合同ゼミの成果を受けて奥会津・只見線沿線を活性化するデザインを展開し、 12月10日に開催されるシンポジウムで成果を発表します。

参加大学

大学担当教員参加学生
会津大学短期大学部高橋延昌 4名
会津大学藤井靖史 5名
大月短期大学塙武郎 12名
東京大学塙武郎 3名
拓殖大学工学部デザイン学科小出昌二
皆川全弘
大島直樹
13名

20160923oshima_seminar01

20160923oshima_seminar02

20160923oshima_seminar03

20160923oshima_seminar04

20160923oshima_seminar05

20160923oshima_seminar06

20160923oshima_seminar07

20160923oshima_seminar08

TOOLS