HOME工学部NEWS
2017年06月02日デザイン学科

平成28年度卒業生の市村拓也さん:第48回毎日・DAS学生デザイン賞にて受賞

第48回毎日・DAS学生デザイン賞(主催:毎日新聞,(社)総合デザイナー協会,協力:サントリー(株)他)において,本学工学部デザイン学科を今年3月に卒業した市村拓也君が,プロダクト・工芸部門の最高賞である部門賞を受賞した。当コンペティションは,建築,グラフィック&パッケージ,プロダクト・工芸デザイン,マンガ・キャラクター・イラスト,空間演出,ファッション&テキスタイルといった6部門から作品を募っており,デザインを学ぶ大学,専門学校生が創造力と感性を競うデザインコンペティションでは最大規模のもの。今年度は163点の応募があり,金の卵賞1点,部門賞6点,入選56点となった。

市村君の作品は,「竹薄板合板を用いたスツールのデザイン」と題し,2種類のスツールをデザインしたものである。竹薄板合板は,木材の代替材として期待される竹材を加工した弾性を持つ材料である。この性質をスツールの座面にいかすことで,座った際に座面がしなり,身体にフィットする工夫が施されている。総合審査委員長の嶋高宏氏は,「若者らしい視点で,環境面からも考察し,しっかりした造形力でつくられている。彼のこれからのデザインに注目したい」と講評を述べている。市村君の入賞の他,プロダクト・工芸デザイン部門において妹尾 涼君,井ヶ田七海さんの2名が入選を果たした。

3名の受賞作品は,いずれもデザイン学科平成28年度卒業研究の成果によるものである。

<部門賞:プロダクト・工芸デザイン部門>

第48回毎日・DAS学生デザイン賞にて受賞_01

授賞式の市村拓也君

第48回毎日・DAS学生デザイン賞にて受賞_02

第48回毎日・DAS学生デザイン賞にて受賞_03

市村拓也君の受賞作品:「竹薄板合板を用いたスツールのデザイン」

<入選:プロダクト・工芸デザイン部門>

第48回毎日・DAS学生デザイン賞にて受賞_04

「子どもと自然をつなぐ体験型学習教材」 妹尾 涼君

第48回毎日・DAS学生デザイン賞にて受賞_05

第48回毎日・DAS学生デザイン賞にて受賞_06

「木材加工を知る木育ツール」 井ヶ田七海さん

TOOLS