産業ニーズGP

ホーム > 産業ニーズGP TOP > 日本工学教育協会の手法検討

日本工学教育協会の手法検討

説明

日本工学教育協会の事業企画委員会WG2では、「人間力育成教育のカリキュラムへの導入法」について2年間の検討の末、社会的・職業的自立力の効果的教育のためには、課題解決型学習を中心とする学生参加型教育の開発・普及が急務であることを述べています。

ホーム > 産業ニーズGP TOP > 日本工学教育協会の手法検討

このページの先頭へ