HOME学科紹介情報工学科 学科紹介

情報工学科

コンピュータの基礎から、高度なプログラミングまで。
情報化社会をさらに進化させる、IT業界の新たなリーダーを育成。


高度情報化が進展している現代社会において、ITを利活用できる知識や技能は必要不可欠です。
情報工学科では、基礎スキルから高度なスキルを段階的に学べるプログラミング教育、進路を見据えた幅広いコース選択によって着実な知識を身に付け、卒業研究によって、主体性、課題に対する洞察力、解決のためのコミュニケーション能力等、実社会に役立つ総合的能力を身に付けます。

情報工学科

3つのコース

2年次からコースを選択し、専門的な学びを深めます。

システムエンジニアリングコース

システムエンジニアリングコース

プログラミングによって時代の求める新しい情報システムを作る

プログラミングを基礎から学び、自在にコンピュータを制御するソフトウェアや情報システムの設計技術を修得していきます。モバイルシステムのような身近なものから“富岳”のようなスーパーコンピュータを使う大規模かつ高度なものまで、時代に必要とされる情報システムを創造するエンジニアを育成します。


インターネット&セキュリティコース

インターネット_セキュリティコース

安全で安心できる持続的な情報社会を支えるネットワークとセキュリティを学ぶ

昨今の情報化社会は、私たちの暮らしをとても豊かなものにしてきましたが、その一方で、これまでにはみられなかった様々な脅威が発生しています。それらから私たちの暮らしを守り、安全で安心できる情報社会を構築するために、ネットワーク技術や情報セキュリティ対策などについて学びます。

知能情報コース

知能情報コース

「モノ」と「コト」の未来へAIの先を拓く

あらゆるモノがネットワークに繋がるIoT、さまざまなコトに繋げるビッグデータ解析や人工知能は、既に私たち人間にとって日常の一部になっています。これらの知識・技術を基礎から応用まで学び、目覚しく変化する情報社会の新しい今後を創り出す専門家の育成を目指します。

コラボレーションコース


ビジュアルコンピューティングコース(デザイン学科とのコラボレーションコース)

ビジュアルコンピューティングコース

コンピュータを用いて、さまざまな事象や現象をわかりやすく可視化・表現するための技術を学ぶ。

コンピュータグラフィックスや画像処理における生成や加工編集などの基本的処理技術およびそれらに必要な数学や物理を学んで基礎を固め、現実空間の具体的な事象のモデル化とシミュレーションのための応用技術を、演習や講義を通して学修します。

Webデザインコース(デザイン学科とのコラボレーションコース)

WEBデザインコース

ユーザとクライアントをつなぐ新しいWebの価値を創造する。

WebサイトやWebアプリケーションといったWebメディアをデザインできる能力を身につけます。そのために、ユーザとクライアントとのつなぎ方を構想する「企画力」、企画したつなぎ方を実現させる「技術力」、そしてユーザの使い勝手を助ける「表現力」を、情報工学科とデザイン学科での学びから修得します。

学科DATA

2020年5月1日 現在
取得できる学位
学士(工学)
人数
学生  341名
留学生 14名
留学生比
留学生4.1%日本人学生95.9%
  
※留学生は外国籍学生を示します。
学生男女比
男子319人女子22人
93.5% 6.5%

関連する資格・
試験
  • 教員免許(高等学校教諭)
  • 商業施設士補[(公社)商業施設技術団体連合会]
  • 商業施設士
活躍が期待されるフィールド
  • 機器関連メーカー
  • 電子機器メーカー
  • 各種デザイナー
  • コンピュータ関連産業
  • 医療機器メーカー
  • 研究開発 など
大学の学びや生活に慣れましょう

入学すると、まずはオリエンテーションキャンプ。同級生たちと1泊2日のキャンプにでかけて、交流を深めます。アシスタントの先輩たちや先生たちと履修のついて検討をします。前期は10人くらいずつ研究室に配属して、先生方と交流を深めます。文章作成や、プレゼン、ポスター発表といったアカデミックスキルを身につけます。
コースを選択し、より深く学んでいきます

情報工学の専門科目が増えていきます。自分の希望コースを決め、深く学ぶポイントを定めていきます。情報メディア実験ではLEGOのロボットを使った実験などいろいろな実験を通して、情報工学を身に着けていきます。
専門科目が増えていきます。また後期には卒業後が見え始めます

3年生になるとインターンシップによって就業体験をする機会があります。コース別の演習によって、これまで学んだことを実際に活かすことで知識の定着を図ります。後期には4年生の卒業研究のために研究室に仮配属して、卒業研究の準備をします。就職活動を始めるにあたって卒業生と交流して、心構えや対策を伝授してもらいます。
研究室に配属して卒業研究に取り組みます

卒業研究を通してこれまでに学んだことの総仕上げを行います。就職活動と並行して行うので忙しいですが、スケジュールを管理するよい経験になります。予備審査、最終発表会と2回の発表会で研究成果をプレゼンテーションし、卒業論文を書くことで、プレゼンテーション力や文章力を磨いていきます。

TOOLS