HOME学科紹介デザイン学科 入試案内

入試案内

拓殖大学 工学部 デザイン学科への入学をお考えの方は、ぜひオープンキャンパスに参加して、大学や学科の雰囲気を感じてください。
そして入学に必要な情報を集めてください。

デザイン適性(描画表現)

出題方針

描画表現は,自分のアイデアを検討し,そのアイデアを第三者に伝えるために必要です。デザイン適性(描画表現)では,文章や図表などで与えられた描画要件を正確に理解し,第三者に伝わるように視覚化できているか,またデザインに対する関心や学ぶ意欲を有しているかを確認します。

出題形式・内容

色鉛筆や鉛筆で描画する実技試験は,提示された文章や図面から形。大きさ。色。材質。数。配置などの条件を正確に読み取り,フリーハンドで画用紙に描画します。描画の対象は,次の三つのいずれか,もしくはその組み合わせです。一部,デザインしてもらう要素が含まれる場合もあります。
  1. 円柱。三角錐などの基本的な立体やそれを応用した立体
  2. 切断。回転など簡単な加工を施した立体物
  3. 食品。食器。文具。ポスターなど日常にあるモノ

設問解説

条件,描画ポイントをしっかり押さえた上で,イメージどおりに表現するために画用紙のどの位置にどのくらいの大きさで描くかを検討します。また,モノの材質感や存在感を考えて,色の重ね塗りを考えたり陰影の強弱などを考えたりしながら仕上げていきます。以下に各出題内容について解説します。

2020年度

過去年度分

TOOLS