HOME学科紹介機械システム工学科 学科紹介

学科紹介

チームワークによる「ものづくり」の感動体験を得ながら、
機械の制御、設計、解析等の専門技術を修得。

新素材開発から航空工学まで、日本の社会インフラを支えるあらゆる分野のエンジニア育成を目指しています。少人数による実験実習をベースとし、チームワークを養いながら、3つのコースで高度な専門性を身につけていきます。

システムデザインコース

3つのコース

2年次からコースを選択し、専門的な学びを深めます。

知能システムコース

機械システム工学科紹介1

知能を持った機械を設計するスペシャリストへ。

周囲の状況に柔軟に対応できる知能を搭載した機械を設計するスペシャリストを目指す知能システムコース。情報処理論、メカトロニクス、知能システム工学など次世代に対応する機械の設計に必要となる科目を中心に学修し、メカトロ分野の幅広い知識を持つ設計技術者を育てます。


メカニカルデザインコース

機械システム工学科紹介3

高機能な材料開発や機械設計ができる技術者を目指します。

素材の特徴を学び、それらを組み合わせた高機能な材料開発や機械設計技術者を目指すメカニカルデザインコース。材料力学や設計工学などの科目を中心に学修。材料の破壊試験や電子顕微鏡による表面観察などを通して、破壊メカニズムを考慮した材料開発や機械設計エンジニアを育てます。

システムデザインコース

機械システム工学科紹介2

熱流体分野の工学知識を学び、シミュレーションを通して飛行体のシステム設計ができる技術者へ。

機械工学の様々な技術を統合する航空関連の技術者を目指すシステムデザインコース。流体工学、航空流体力学など流体に関わる機械工学を中心に学修。風洞を用いた実験や数値シミュレーションを通して、飛行体や風力発電に適したデザインの知識を持つ機械エンジニアを育てます。

コラボレーションコース


ロボティクスコース(電子システム工学科とのコラボレーションコース)

ロボティクスコース

ロボットをつくり制御する技を磨き、「次世代ロボット」の開発に挑む。

ロボット開発の基礎分野となる数学、力学からロボット工学、センサ、マイクロコンピュータまで幅広く学修。ロボット開発に必要なこれらの知識に加え、様々な情報の取得と活用技術、ロボット制御、プログラミングも実験・実習を通して修得。次世代社会Society 5.0で求められるロボット技術者を育成します。

エコエネルギーシステムコース(電子システム工学科とのコラボレーションコース)

エコエネルギーシステムコース

環境問題の解決につながる「新しいエネルギー技術」を研究

エネルギー利用の基礎分野となる熱工学、電気磁気学、電気・電子回路から発電、エンジン、高速輸送機械まで幅広く学修。温室効果ガス削減などの環境負荷軽減やエネルギー安定供給のための、新しいエネルギー技術を開発できる人材を育成します。

学科DATA

2021年5月1日 現在
取得できる学位
学士(工学)
人数
学生  291名
留学生 27名
留学生比
留学生9.3%日本人学生89.7%
  
※留学生は外国籍学生を示します。
学生男女比
男子278人女子13人
95.5% 4.5%

関連する資格・
試験
〇所定の単位を取得し
 申請することにより得られる資格

・中学校教諭一種免許状(技術)
・高等学校教諭一種免許状(工業)
・施工管理技士
  (国交省,技術検定の実務経験短縮)
・自動車整備士
  (国交省,技術検定の実務経験短縮)
 〇取得をサポートしている資格
 ・技能検定3級 機械・プラント製図
   (機械製図CAD作業)
   (中央職業能力開発協会)
 ・技能検定3級 機械検査
   (中央職業能力開発協会)
 ・機械設計技術者試験(3級)
   (日本機械設計工業会)
活躍が期待されるフィールド
  • 機器関連メーカー
  • 電子機器メーカー
  • 各種デザイナー
  • コンピュータ関連産業
  • 医療機器メーカー
  • 研究開発 など

機械システム工学科のポイント(2021年度実績)

初年次教育

1年次は専門的な学問を進めるうえで最も大切な時期として捉えています。左の表は1年次時間割(前期)の一例ですが、エンジニアとしての一般的教養(青色)および専門科目に入るための数学、物理、化学などの基礎科目(青色)を実験(緑色)も行いながら学習します。
また大学では、決まった机や教室がないという高校との違いに戸惑うことも少なくありません。

そこで、「機械システム工学基礎Ⅰ(赤色)」という授業を設けています。ここでは、クラス担任が大学での学習やキャリアガイダンスに関する工夫を凝らした授業を行ないます。例えば、海外で行なわれているPBL(Problem Based Learning)という教授法を取り入れた、問題解決型のグループワークを行い、チームで問題を解決する能力を養うとともに、新入生同士のコミニュケーションの活発化やその後の円滑な大学生活を通して、卒業後のキャリアプランを作成する能力向上の一助としています。具体的には、与えられた課題に対して、4-5人が1チームとなり、計画、作成、コンテスト形式の発表を行います(下の写真を参照)。
 
1時限
9:20-10:50
 解析学IEnglish
Basic R&W
I
化学I線形代数I   
2時限
11:00-12:30
文章表現の
基礎
 物理学I解析学I
演習
  
3時限
13:20-14:50
生涯スポーツ基礎演習English
Basic L&SI
機械
システム
工学基礎I
基礎科学
実験
太陽系の
しくみ
 
4時限
15:00-16:30
 歴史の中の
拓殖大学
言語と文化基礎科学
実験
  
5時限
16:40-18:10
   基礎科学
実験
  

PBL1

PBL2

PBL3

PBL4

コース選択

2年次になると、機械システム工学科の専門科目(青色)が始まります。下の表は2年次時間割(後期)の一例ですが、実験や演習(緑色)を行いながら、座学で学習した内容をより深く理解していきます。ここでは、1年次に修得した数学や物理などの知識が役立ちます。
また、2年進級時にコースを選択します。機械システム工学科独自の3コース(知能システムコース、メカニカルデザインコース、システムデザインコース)に加え、電子システム工学科とのコラボレーションコース(ロボティクスコース、エコエネルギーシステムコース)も設置しており、学科の枠を越えて、将来の進路を見据えながら必要な知識と技術をしっかりと身につけることができます。表中の黄色は表中のオレンジ色は知能システムコースの指定科目です。
コースは、選択後も変更が可能ですから、進路選択の幅を広げることもできます。
 
1時限
9:20-10:50
コンピュータ言語と演習 材料力学Ⅱ流体工学    
2時限
11:00-12:30
工業熱力学
 工業数学Ⅱシステム設計基礎  
3時限
13:20-14:50
機械
システム
工学実験Ⅰ
機械
システム
工学設計
製図Ⅱ
 流体力学  
4時限
15:00-16:30
機械
システム
工学実験Ⅰ 
機械
システム
工学設計
製図Ⅱ
English Intermediate L&S Ⅱ航空学基礎  
5時限
16:40-18:10
    English Intermediate R&W Ⅱ  

機械システム工学科point2-1

機械システム工学科point2-2

実際にモノづくりに挑戦(2年次ー3年次)

3年次は、2年次に引き続いて機械システム工学科の専門科目(青色)およびコース指定の科目(オレンジ色)を修得していきます。下の表は3年次時間割(前期)の一例です。実践力を養うため、専門科目に関連する実験・実習(緑色)が充実しており、実験実習工場、高速風洞などの国内有数の設備の他、CAE室も備え、授業で学んだ理論を実験・実習や実際のモノづくりを通して実践的に理解を深めることができます。
また、3年次の後期に開講される「機械システム工学ゼミ」では、進路決定のための就職・進学ガイダンス、企業人事部の方による業界説明等を行った後、8名程度のグループに分かれて、各教員の研究室に所属し、種々の演習や研究を通して教員とディスカッションを行いながら、それぞれの興味に合った進路を具体的に決定していきます。
 
1時限
9:20-10:50
 制御工学      
2時限
11:00-12:30
ロボット
工学
伝熱工学 設計・信頼性工学  
3時限
13:20-14:50
機械
システム
工学実験II
 メカトロニクス機械設計工学  
4時限
15:00-16:30
機械
システム
工学実験II
システム設計I電気学機構設計
工学
  
5時限
16:40-18:10
 計測工学    

機械システム工学科point3-1

機械システム工学科point3-2

少人数体制の研究室に配属

4年次は、3年次に配属された研究室に引き続き配属され、主に卒業研究を行ないます。下の表は4年次時間割(前期)の一例ですが、専門科目(青色)のほとんどは履修済みとなり、教員1名に対して学生が7、8名という少人数体制と独自の机とPCが用意されている研究室できめ細やかな指導を受けながら、3年間の学びの成果を卒業研究(赤色)の中でカタチにします。

一方、就職・進学のための活動も活発になります。教員とのディスカッションや具体的な指導を受けながら、研究室の友人や大学院生らと協力して、各人の希望を叶えます。少人数教育を行っているため、研究室に所属する大学院生との連携も密です。時間割を見ると余裕がありそうですが、卒業研究と就職活動もしくは進学準備、種々の進学・就職ガイダンス、さらに希望に応じて就職対策の講義(オレンジ色)を履修することもできますので、かなり忙しい1年になります。この経験によって即戦力となるエンジニアへと急成長します。
 
1時限
9:20-10:50
   自動設計
(CAD・
CAM論)
    
2時限
11:00-12:30
 職業能力
基礎(SPI)
非言語
 日本語
コミュニ
ケーション
II
  
3時限
13:20-14:50
      
4時限
15:00-16:30
 輪講I    
5時限
16:40-18:10
 卒業研究I    

機械システム工学科point4-1

機械システム工学科point4-2

TOOLS