HOME工学部NEWS
2018年08月28日ゼミナール

岡田陽介ゼミ 立教大学社会学部 生井英考ゼミと合同卒論中間報告会を開催

政経学部の岡田陽介ゼミと立教大学社会学部の生井英考先生のゼミと合同卒論中間報告会を8月23日に立教大学にて開催しました。両ゼミとも卒論完成に向けて夏休みの間にやるべきことを再確認するための報告会となりました。

政治学的アプローチの岡田ゼミと、社会学的アプローチの生井ゼミの各報告はテーマが多岐に渡り、お互いの学生が刺激を受け、質問や議論が活発に行われました。合同ゼミ後は懇親会を開催し、両ゼミの交流を深めました。

浅沼瑞樹君(法律政治学科4年)

いままで他大との関わり合いがなかったので他大の方のお話を聞けてとてもいい経験になりました。私たちは政経学部なので卒業論文の内容も政治に関連した研究でしたが立教大学の皆さんは社会学部ということで様々な研究をしていてとても興味深かったです。

寺澤  真  君(法律政治学科4年)

今回、卒論中間報告会に参加させて頂きました。各自それぞれ、政治や社会に関するものやスポーツなど幅広いジャンルについて取り上げ、意見やアドバイスなど積極的な議論が交わされたのがとても印象に残りました。私も、各自の報告を聞いて初めて知ることもあり、頂いた意見をもとに今後の卒論執筆に活かして参りたいと思います。立教大学の皆様、ありがとうございました。

20180828_okada_seminar_01

20180828_okada_seminar_02

20180828_okada_seminar_03

20180828_okada_seminar_04

20180828_okada_seminar_05

TOOLS