HOME工学部NEWS
2018年09月11日ゼミ

長尾ゼミナールがピンクリボンウォークに協力しました

7月8日(日)にピンクリボンウォークが昭和女子大学で開催されました。

ピンクリボンウォークとは認定NPO法人乳房健康研究会が主催する乳がんの早期発見の啓発イベントです。
長尾ゼミナールでは、課外活動の一環として乳がん啓発活動を行なっており、当日は学生ボランティアとして参加しました。
イベントでは、ピンクリボン団体によるステージでのトークショーやピンクリボンクイズ大会、フェイスペイント等が協賛企業により企画されました。
私たちゼミ生は、ピンクリボンアドバイザーや運営の方々と協力して、会場作り、来場者の受付、案内を主に担当しました。
ピンクリボンのシンボルカラーであるピンクのTシャツをスタッフの方々とともに着用し、気持ちまで一つになってイベントを無事終えることができました。
来場者の方々には乳がんの知識や検診についての関心を持って頂けたと思います。
ピンクリボンウォークによって、人から人へと乳がん早期発見の大切さが伝わり、乳がん検診へ行くきっかけとなることを実感しました。
また、そのために努力されている主催者の方々の高い使命感と責任感も感じました。
この思いを若い私たちもしっかりと受け継いでいきたいと思います。
報告: 商学部国際ビジネス学科 4年 堀縁
(長尾ゼミナール  乳がん 担当)

20180911_pinkribbon01

ガーランド作りで願い事を考えるゼミ生

20180911_pinkribbon02

トークショー

20180911_pinkribbon03

沢山の方が来場されました

TOOLS