HOME工学部NEWS
2018年10月03日NEWS

「第25回平和祈念八王子とうろう流し」に64名が協力   -ボランティア報告2018夏 in 八王子

今年の夏、多くの国際学部の学生が様々な社会貢献・ボランティア活動に参加しました。

その一つとして、7月に八王子市内で開催された「平和祈念とうろう流し」での活動を、国際ボランティア愛好会の一員として参加した国際学部2年の横木絢音さんから報告してもらいましょう。
(国際学部教授 岡田 実)
7月21日土曜日に八王子市役所前 鶴巻橋・河川敷広場にて第25回平和祈念八王子とうろう流しが行われました。
国際ボランティア愛好会からは学生が64名参加しました。
快晴に恵まれ気温も非常に高いなかでの開催でした。そのためこまめな水分補給や声かけで、熱中症の予防に努めました。

 
最初に全体で諸注意を受けた後、とうろうの組み立て作業に入りました。
この作業は私たち国際ボランティア愛好会に一任されており、自分たちで臨機応変に対応しながら進めることができました。
また、全体集合よりも前に来て川底の整備をしてくれた愛好会員もいました。

20181003_tourou01

とうろうの組み立て作業
組み立ての終了後、オープニングイベントでよさこいソーランを2曲披露しました。
直前に発表の時間が早まりましたが、迅速な対応でリハーサル時間もきちんと取ることができました。
練習の成果を発揮することができ、踊る側も見ている側も楽しめたと思います。
また、オープニングイベントの終了後には夕食としてカレーライスを振る舞っていただきました。

20181003_tourou02

よさこいの披露
夕食後、いよいよ記念式典が始まりました。
参加者の方々からとうろうを受け取り、ひとつひとつ丁寧に流していきました。
参加者の方々の表情やメッセージから、そのひとつひとつにこめられた想いを感じることができました。

20181003_tourou03

浅川を流れるとうろう
記念式典終了後、テントの撤収作業、周辺のごみ拾いを行いました。
暗い中での作業でしたが、来たときよりも綺麗にしようとたくさんのごみを拾うことができました。
最後に今回のリーダーである安藤 永遠(国際学部3年)より話しがあり、全体写真を撮って終了しました。

20181003tourou04

実行委員会の方々と全体撮影
(国際学科2年 横木 絢音)

TOOLS