HOME工学部NEWS
2018年11月19日情報工学科

マレーシアからの留学生ハニスさんが、アメリカラスベガスで研究発表を行いました

10月15日から18日にかけて、アメリカ合衆国ネバダ州で開催された、E-Learningやその周辺技術に関する国際会議E-Learn 2018(World Conference on E-Learning)で、工学部情報工学科の4年生ハニスさん(マレーシア出身)が卒業研究の成果を発表しました。

ハニスさんは、情報工学科の佐々木研究室でプログラミング教育に関する教育支援システムの開発に携わっており、今回はJavaプログラミングの導入教育の支援に関する報告を行いました。

プログラミング教育の重要性が日本だけでなく世界的に認識されるなか、多くの来場者らと熱心に議論・意見交換を行いました。

20181119_LasVegas_01

20181119_LasVegas_03

TOOLS