HOME工学部NEWS
2018年12月03日ゼミナール

第1回公認心理師試験に政経学部小澤貴史准教授が合格しました

本邦心理職初となる国家資格「公認心理師」の第1回試験に伴う合格発表が11月30日(金)にあり、政経学部小澤貴史准教授が合格しました。

公認心理師法は、2015年9月16日に「公認心理師の資格を定め、その業務の適正を図り、もって国民の心の健康の保持増進に寄与すること」を目的として公布、2017年9月15日に施行されました(文部科学省・厚生労働省共管)。これに基づき本年9月9日(日)第1回国家試験が実施(北海道胆振東部地震発生に伴い北海道試験地は追加試験)され、11月30日(金)14時から合格発表がありました。なお、合格者は登録申請・登録を受けなければ、公認心理師の名称を使用することはできません。
 
小澤准教授は、本学心理職・学生主事としての多年にわたる幅広い経験を重ね、国家資格キャリアコンサルタント(登録日:2016年4月19日)の有資格者でもあり、その他民間資格も多数取得されています。学生支援、学生の健康教育(今年度は講義の傍ら「心理相談」を週2回、両キャンパス学生支援室で行っています)に資する弛まぬ研鑽、学術的研究が、今回の合格(合格者に占める、年齢区分・50歳以上の合格者率は20.0%)に結実したものと思われます。

TOOLS