HOME工学部NEWS
2018年12月07日NEWS

「ダイヤモンド富士を見る人々へ、郷土料理「みみ」を振る舞いたい!」 国際学部徳永ゼミがクラウドファンディングを開始!

このたび、山梨県富士川町でまちづくり活動を行っている私たち国際学部徳永ゼミナールでは、山梨県立大学と協力し、ダイヤモンド富士にて郷土料理「みみ」の試食会を開くために、クラウドファンディングによる活動の支援金募集を開始しました。

郷土料理「みみ」とは、山梨県富士川町の十谷集落で培われてきた、伝統的な郷土料理です。味噌仕立ての汁に、特徴的な形をした「みみ」は、「その年の福をすくいとる」という縁起を担いで、冠婚葬祭や正月などの人々が集まる日に、食べられてきました。

20181207_tokunaga

そこで徳永ゼミナールは、「みみ」の持つ縁起料理として、食文化としての価値に目を向けました。しかし、富士川町内の認知度に目を向けてみると、「人々が集まる日にみみを食べる」という食文化は消えつつあることに気づきました。少し作るのに手間のかかることや、そもそも人々が集まる機会が少なくなってきたことで、今ではお年寄りしか知らない郷土料理となってしまいました。

私たちは、「みみ」の食文化復活を目標に掲げ、冬至の山梨県高下(たかおり)地区で見られるダイヤモンド富士(富士山の山頂から日が昇り、ダイヤモンドのような輝きを放つ様)を見に来る人々へ、「みみ」を配ろうと考えました。
 100人分相当の材料費、運送費、運営費などの資金調達、活動の広告も含めて、クラウドファンディングサイトFAAVOにて、支援金を募っております。

ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
クラウドファンディングFAAVO
支援金募集期間:12月4日~12月20日

備考
500円からご支援いただいた方に、リターン品提供を行っております。
ぜひとも、ご支援のほどよろしくお願いいたします
ダイヤモンド富士みみ試食会

日時予定:12月23日/早朝6:30頃より(ダイヤモンド富士は7時頃から見ることができます)
会場:〒400-0513 山梨県南巨摩郡富士川町高下2487

備考
山梨県高下地区からのダイヤモンド富士は、12月16日頃~元旦頃まで見ることができます。
当日はカメラマンの方々など、朝早くから場所取りが行われているので、お早めにお越しください。
 

学生代表:国際学部国際学科3年 佐藤 光瑠
 

TOOLS