HOME工学部NEWS
2019年11月25日NEWS

中国・上海交通大学との学術交流を実施しました

本学工学部と上海交通大学設計学院(デザイン学部)は、第18回学術交流会を11月7日~9日の日程で実施しました。
 
この学術交流会は1994年度から始まり、隔年交代で拓殖大学と上海交通大学(Shanghai Jiao Tong University)で開催されています。
 
今年度は本学が幹事校となり工学部デザイン学科主導デザイン学科が中心となって、上海交通大学設計学院から副院長の韩挺(Han Ting)教授、张立群(Zhang Liqun)副教授、董占勋(Dong Zhanxun)副教授、及び大学院生(修士及び博士課程)4名の計7名にご出席いただきました。
 
八王子国際キャンパス恩賜記念館で行われた上海交通大学教員と大学院生による記念講演には、高橋工学部長、大島デザイン学科長、佐々木工学部国際交流委員長他、多くの教員・学生が参加し、非常に活発な意見交換が行われました。その後に開催された、ランチョンミーティングや研究室・実験実習工場の見学などを通じて、両大学間の関係は一層深いものになりました。

20191125_SJTU_01

学術交流会後の集合写真

20191125_SJTU_02

韓挺副院長(左)と高橋工学部長(右)

20191125_SJTU_03

本学工学部教員と上海交通大学教員との集合写真

20191125_SJTU_05

両校の学生交流の様子

TOOLS