HOME工学部NEWS
2019年12月05日デザイン学科

デザイン学科4年生の副島魁星君が日本実験力学会で口頭発表を行いました

2019年11月29~30日にかけて、石川県加賀市で日本実験力学会 分科会合同ワークショップ2019が開催されました。この学会で工学部デザイン学科4年生 ユーザエクスペリエンスデザイン研究室(指導教員:森岡 大輔 助教)の副島魁星君がオーラルセッションでの発表を行いました。
 
この発表では、副島君が卒業研究のテーマとして取り組んでいる「ミニショベル操作レバーの形状設計による接触事故低減に関する研究」の実験結果についてプレゼンテーションを行いました。発表後には他大学の先生方との活発な議論をおこない、今後の研究方針について新たな方策を得る大変貴重な機会となりました。

20191204_morioka_01

発表中の会場

20191204_morioka_02

活発な議論を繰り広げる副島くん

20191204_morioka_03

発表後の記念撮影

TOOLS