HOME工学部NEWS
2020年03月02日情報工学科

水野研究室所属の情報工学科学生が国際会議にてExcellent Oral Presentation賞を受賞

2020年2月26〜27日にシンガポールのNanyang Technological University(南洋理工大学)にて開催された知的自律システムに関する国際会議(The 3rd International Conference on Intelligent Autonomous Systems (ICoIAS2020))にて、情報工学科4年の戸谷太亮くん(指導教員:情報工学科水野一徳教授)の研究成果発表に対して、Excellent Oral Presentation賞が授与されました。
今回は、「Dynamic Adjustment of Control Parameters in ACO for Constraint Satisfaction Problems」というタイトルで、群知能と呼ばれる問題解決アルゴリズムの制御パラメータの動的調整という改良を行ない、人工知能の基盤的技術の1つである制約充足問題の解決効率化につながったという成果について発表しました。これは戸谷くんが、水野教授の指導のもと、卒業研究テーマとして取り組んできたものであり、その研究成果が評価されただけでなく、初めての海外発表という緊張のなか、発表や質疑応答にも非常に丁寧に対応していたことも評価されたものとして、大変な栄誉ある機会をいただきました。

20200302_mizuno

受賞した戸谷くん(左)と水野先生(右)

TOOLS