HOME工学部NEWS
2020年06月12日デザイン学科

AAC2020募集告知ポスターコンペ2020において、デザイン学科生が入選しました


アーバネットコーポレーションが主催する第20回学生限定・立体アートコンペティション「ART MEETS ARCHITECTURE COMPETITION(AAC)2020」の募集告知ポスターコンペ2020において、本学工学部デザイン学科3年の平北詩恩さんが入選しました。
 
平北さんは、春季休暇中に考える力と技術を身につけようとポスターや映像、ロゴマークなどジャンルを問わず挑戦していました。そのひとつとして、当該コンペにも応募しました。
 
立体アートコンペの募集告知ポスターであることから、「平面の世界から立体の世界へ飛び出そう!」というテーマを設定しました。そして立体アートコンペの愛称「AAC」はそれぞれ「ART(芸術)」「ARCHITECTURE(建築術)」「CONPETITION(競争)」の頭文字であることから、それらの言葉からイメージされたイラストを飛び出しているように描きました。
 
作品をひと通り完成させ全体を確認したところ、寂しい印象を持ったためもう少し詰め込もうかとも考えました。しかし、ある授業で制作した、余白を意識したシンプルな作品が評価されたことを思い出し、無理に詰め込まなかったことが結果につながったと思うそうです。
 
平北さんの作品は、AACポスターコンペのWebサイトにも掲載されています。
AACポスターコンペ2020 結果ページ
 
なお、AACポスターコンペの表彰式は2020年11月末に予定されています。

TOOLS