HOME工学部NEWS
2020年10月19日デザイン学科

八王子市の協力のもと駐輪禁止3D床面標示の設置検証を行いました

工学部永見研究室では八王子市交通事業課と連携して、放置自転車対策の3D床面標示と注意看板のデザイン検討を行っています。10月16日に交通事業課の協力のもと八王子駅周辺の歩道にて、4年生の新田健悟君制作のデザイン案の設置検証と動画撮影を行いました。
デザイン案は、協力を促す、注意を喚起する、オブジェの設置の3種類の方針を用意し、どの方針が良いのか、3D床面標示と看板による組み合わせの効果があるのかを検証しました。
今後は、今回撮影した自転車利用者の視点による動画を用いて評価実験を行い、評価の高い案のデザインを洗練させていきます。

新田健吾君のコメント

今回の実験により、実際に設置した際の歩道と街の雰囲気との関係を確認する事ができ、景観性や視認性の観点で改善点を見つける事が出来ました。この経験を最終作品に向けたデザインの洗練に活かしていきます。

駐輪禁止の協力を促す3D床面標示案

駐輪禁止の協力を促す3D床面標示案

駐輪禁止の協力を促す看板案

駐輪禁止の協力を促す看板案

制作した3D床面標示案を並べて記念撮影

制作した3D床面標示案を並べて記念撮影

TOOLS