HOME工学部NEWS
2020年12月09日NEWSデザイン学科

花巻おもちゃ美術館にて「ウルシの木の活用プロジェクト」の展示発表を行いました

工学部永見研究室ではFEEL J ㈱と共同で、SDGsに貢献する「ウルシの木の活用プロジェクト」に取り組んでおり、国産漆の復興活動の一環として、産地の地域活性化を目的としてウルシの木を活用した商品開発を行なっています。

11月13日のうるしの日に関連して、花巻おもちゃ美術館にて「ウルシの木の活用プロジェクト」の展示を行いました。永見研究室からは4年生の三ツ木敦哉君が参加し、ウルシの木で制作したスマホスタンドを展示、来場者との意見交換を行いました。
また、11月14日には同プロジェクト関係者のNPO法人ウルシネクストによるウルシ苗の植樹会に参加しました。杉を伐採した山の斜面に水糸を張って位置決めをし、穴を掘って苗ポットを入れ、土をかぶせる作業です。斜面で足場が悪いことから機械を入れることができないため、全て手作業となります。植樹会は土曜日と日曜日に開催しており、植樹に参加する多くのボランティアで成り立っていることを実感しました。

ウルシの苗木植樹活動

ウルシの苗木植樹活動

三ツ木敦也君の感想

花巻おもちゃ美術館での展示では、一般の方からコメントを頂き、ウルシらしさと高級感を考える良い機会となりました。また、ウルシ苗の植樹会では、ウルシの木の成長過程を実感でき、理解がさらに深まりました。これらの経験を作品づくりに活かしていきたいと思います。

花巻おもちゃ美術館での展示

花巻おもちゃ美術館での展示

プロジェクト関係者との集合写真

プロジェクト関係者との集合写真

植樹会参加者との集合写真

植樹会参加者との集合写真

【関連内容】

「ウルシの木の活用プロジェクト」グリーンパワー誌2020年12月号にて紹介されました

グルーンパワー掲載

TOOLS