HOME工学部NEWS
2022年01月07日NEWSデザイン学科

姿勢改善椅子「LaLaCoチェア」の第2回研究進捗報告会を開催しました

工学部の森岡 研究室と株式会社AH Productsでは、産学連携プロジェクトの一環として姿勢改善椅子「LaLaCoチェア」の機能分析に取り組んでいます。第1回目の報告会(下記にリンクを記載)に続き、昨年末に第2回の報告会を実施いたしました.今回の報告会では,株式会社AH Productsの原田 代表取締役を含む2名と、卒業研究としてこのプロジェクトに参加するデザイン学科 森岡 研究室の4年生の3名を含む合計6名が参加し、オンラインの経過報告会および意見交換をおこないました。
 
この進捗報告会で、「姿勢改善効果の分析」のほか,「運動効果の分析」や「着座姿勢以外での使用方法の検討」の3方向からのアプローチ内容とその結果を報告しました.その結果,これまで明らかになっていなかったLaLaCoチェアの効果の定量化を実現できたほか,通常の椅子や通常の運動などとの効果違いを明らかにできたことに良い評価いただきました.
 
今後も引き続き実験を実施し、各分析におけるデータ精度の向上や頂いた意見をもとに条件のブラッシュアップに取り組む予定です。
 
前回の報告会の様子

20210107morioka1

オンライン報告会の様子

20210107morioka2

 LaLaCoチェア

20210107morioka3

実験の様子

TOOLS