HOME女子学生特設コンテンツ 卒業生|case.5 電子システム工学科

case.5 魏 敬凡|電子システム工学科 2015年卒業(中国出身)
>>エクシオグループ株式会社 NTT事業本部/ネットワークエンジニアリング本部

g.woman_case5

拓殖大学に入学した理由と工学(各学科の専門)を学ぼうと考えた理由や経緯を、教えてください。

拓殖大学は、歴史があって海外でもある程度知名度がある大学です。大学紹介資料に設備が充実して研究が出来ることを感じました。さらに、キャンパスが広くて、様々な施設があることで、勉強や研究だけではなく、普段の大学生活も充実できると思っていたので、拓殖大学に入学しました。
父は、車の物品製造関係のエンジニアです。小さい頃から、家の中で壊れた家電製品の修理や簡単なモノづくりなどをしたお父さんの姿を見た自分が影響を受けていたため、電子系に深く興味を持っているので、電子システム工学科を選びました。

在学中、どのようなことを、どのようなカリキュラムで学ばれたのか、どのようなことに力を入れて過ごされたのか、教えてください。

基本電気回路設計・通信ネットワークの知識・プログラムの演習・電子工学実験など様々なカリキュラムが学びました。
なかでも、電子工学実験が毎回凄く楽しみしていた記憶があります。工夫をかけて設計・作成したものを実現できた時の達成感が自分を支えて楽しんで大学4年間を過ごしました。

在学中、卒業後に取得された資格がありましたら教えてください。

卒業後、会社で電気工事士、Linux・Cisco関係の資格を取得しました。

在学中、部活動・サークル・ボランティアなどに参加されましたか?参加された活動とその内容について教えてください。

在学中、合気道の部活(2年間)を参加しました。珍しくキャンパス内には沢山の道場があったため、よりよい日本文化を身につけようと思ったため、参加していました。

在学中、工学を学ぶ女子学生としての苦労やメリットなどお感じになったことがありましたら教えてください。

女子が圧倒的に少なかったですが、苦労が特にありません。周りの男子達がやさしかったので、気楽に話せました。

現在のお仕事とキャリアについて教えてください。

ネットワーク通信関係のインフラ業で仕事しています。具体的な作業内容は、施工現場での作業及び管理となります。

現在のお仕事のやりがいやたのしさはどのような点にありますか?

やはり、今の仕事内容は普段の日常生活と深い繋がりがあるということです。
例えば、コロナ禍でテレワークや電話会議などネットワーク回線の使用率が大幅に増加したため、素早くネットワークの構築できていないと、生活に影響を与える可能性があります。

現在のお仕事に携わるうえで、こころがけていることや大切にしていることは何ですか?

大切にしているのは、周囲の同僚とのコミュニケーションを取りつつ、信頼関係を構築し、スムーズに業務を遂行することだと思います。業務を遂行する上では、難しい問題も発生することがあるとは思いますが、コミュニケーションを円滑に取ることで解決に導けることも多いと考えるので、仕事をする上で大切なことはコミュニケーションだと思います。

拓殖大学在学中(特に工学部で)に学んだことのうち、社会人として役に立っていること何ですか?

■専門知識や技術・資格取得について

在学中に学んだ通信方式や通信ネットワークの基本知識ですが、今の仕事と直接的に関わる部分となります。それ以外でも、電気関係の仕事とすると、電子工学の基本知識が様々な出番もあります。

考え方や姿勢などについて

考え方について、物事の真理をもっと追究するようになった気がします。

今後の目標を教えてください。

自分のスキルをもっと磨き、仲間たちと協力し、世の中の日常生活をもっと便利に、人と人に繋がりをもっと快適に、ネットワークインフラを構築したいです。

後輩(特に工学を学ぼうとする女子受験生)に向けてメッセージやアドバイスを一言お願いいたします。

とにかく、学生のうちはやりたい事を極めると良いです。

TOOLS