HOME女子学生特設コンテンツ 卒業生|case.6 情報工学科

case.6 佐々木 万智子|情報工学科 2019年卒業
>>IT業界のシステムエンジニア

g.woman_case6

拓殖大学に入学した理由と工学(各学科の専門)を学ぼうと考えた理由や経緯を、教えてください。

総合大学ということで様々な人と関われると思い入学しました。また、プログラミングに興味があり将来IT企業に就職したいと決めていたため情報工学科を選びました。

在学中、どのようなことを、どのようなカリキュラムで学ばれたのか、どのようなことに力を入れて過ごされたのか、教えてください。

プログラミングの授業は特に時間をかけて行われる他、論理的思考を学べる授業等もありました。

在学中、卒業後に取得された資格がありましたら教えてください。

・基本情報技術者
・応用情報技術者

在学中、部活動・サークル・ボランティアなどに参加されましたか?参加された活動とその内容について教えてください。

ダンスサークルに所属し、週2日の練習と定期的なイベントを行っていました。

現在のお仕事とキャリアについて教えてください。

入社後2年間はテレビ局の基盤システムの運用保守として障害対応などを行っていました。3年目に入り社内システムのサポートデスクのような部署に異動し、ユーザーからの問い合わせ対応を行っています。

現在のお仕事のやりがいやたのしさはどのような点にありますか?

最初の部署ではプログラミングを行っていたため、学んできたことを直接活かしながら仕事ができていたので、良い経験ができていると感じていました。また難しい大きな障害も時にあったため、対応が終わった時にはやりがいと成長を感じられるものでした。

現在のお仕事に携わるうえで、こころがけていることや大切にしていることは何ですか?

現在はユーザーと直接メールでやり取りしているため、システムの知識があまりない方にも伝わりやすいように丁寧に説明することを心がけています。

拓殖大学在学中(特に工学部で)に学んだことのうち、社会人として役に立っていることは何ですか?

■専門知識や技術・資格取得について

最初の部署ではプログラミング、SQLを行っていたので授業の内容が直接役に立っていました。

考え方や姿勢などについて

論理的思考を学べる部分はIT業界で働くうえで役立っていると感じます。

今後の目標を教えてください。

システムエンジニアとしてスキルを付け、チームとして現場に貢献できるような働き方ができるようになることが目標です。

後輩(特に工学を学ぼうとする女子受験生)に向けてメッセージやアドバイスを一言お願いいたします。

女性が少ない環境であるため情報収集が難しいこともあるかと思いますが、特にIT業界は様々な働き方があるためいろいろな方に話を聞いて将来をイメージしながら学べるとよいかと思います。

TOOLS