HOME女子学生特設コンテンツ 卒業生|case.7 デザイン学科

case.7 竹澤 淳子|デザイン(旧 工業デザイン)学科 2002年卒業
>>デザイナー

g.woman_case7

拓殖大学に入学した理由と工学(各学科の専門)を学ぼうと考えた理由や経緯を、教えてください。

高校では文系コースにいたのですが、大学では文系のように机の上で文章とばかり向き合うよりも、実技が多いクリエイティブなことがしたいと思い大学を探しました。
しかし、美術は好きでしたが、美大へ入るほど芸術したい訳でもなく、受験に必要な絵を習う等もしていませんでした。
そこで見つけた、拓殖大学のクリエイティブだけれど色々な汎用性の高いことが学べる工業デザイン学科は理想的でした。あとは単純に、工学部ってなんかメカニックな響きでカッコイイというイメージがあったので(笑)

在学中、どのようなことを、どのようなカリキュラムで学ばれたのか、どのようなことに力を入れて過ごされたのか、教えてください。

1~2年生の時は、色々な物づくりの過程を知りたくて、グラフィック・インテリア・機器・CG等ジャンルを問わず、専門実技系の授業は取れるだけ全部とりました。
課題に追われて徹夜ばかりで大変でしたが、初めて学ぶことばかりで、とにかく全部楽しんで取り組んでました。

在学中、卒業後に取得された資格がありましたら教えてください。

卒業後に取った資格は、全然関係ないファイナンシャルプランナーと乗馬ライセンスくらいです(笑)

在学中、部活動・サークル・ボランティアなどに参加されましたか?参加された活動とその内容について教えてください。

3年生の頭くらいまで「躰道部」という部活動に入っていました。空手をベースに忍者みたいなアクロバティックな動きをするマイナー武道です。
バリバリの体育会系で確か週3か4回活動があったので、授業の課題との両立は大変でした。夏休み中等は、他大学と合同合宿したりもありました。楽しいけれどハードでした。

在学中、工学を学ぶ女子学生としての苦労やメリットなどお感じになったことがありましたら教えてください。

苦労は、男性の方が多いので教室が汗臭い時期がある。メリットは、やはり男性が多いので親切にしてもらえることも多い。くらいですかね…(笑)
デザイン学科は、工学部の他の学科よりは女子は多め(確か20人ちょっと?)だったので特に不便を感じたことはありません。

現在のお仕事とキャリアについて教えてください。

新卒後約5年間は、広告制作会社でデザイナーをしていました。仕事ずくめでした。朝から終電まで働いていたこともよくあります。
そこを辞め、しばらく充電してから転職しようかと思っていたのですが、充電中に個人的にお仕事が舞い込み、そのまま独立し、現在に至るまでグラフィック及びWEBデザイナーとして活動しています。〆切さえ守れば、スケジュールは自分次第なので、昼寝も可能(笑)ただし、忙しい時は徹夜になることも。
 
プライベートでは、コロナ禍になる1年くらい前から犬を飼い始めたので、お世話の合間に仕事を全集中して極力短時間でやるようになりました。忙しくても毎日お散歩に出たりするので、煮詰まっても強制的にリフレッシュできるし健康にも良いみたいです。

現在のお仕事のやりがいやたのしさはどのような点にありますか?

私の場合、完成したものにあまり興味がなく…作る過程がにやりがいを感じます。「これだ!」というアイデアが浮かんだ時が一番楽しいです。
自分の中で「絶対これ!」というものが浮かんだ時は、結果としてやはりクライアントの反応も良いし、実際に売り上げにも貢献して喜ばれます。
そうなると自分の懐が潤うこともあるので、それもまた魅力です。

現在のお仕事に携わるうえで、こころがけていることや大切にしていることは何ですか?

クライアントの目線を常に意識すること。
クライアントからの依頼を受けて制作する場合、より多くの人に刺さるものを作る必要があります。物にもよりますが、デザイナーはアーティストではないので、自分の作品を作るという意識よりも客側から見て魅力的であり、理解しやすいものを導きださなければいけないと思っています。

拓殖大学在学中(特に工学部で)に学んだことのうち、社会人として役に立っていることは何ですか?

■専門知識や技術・資格取得について

色々あるのですが、私はグラフィックなので、特にシルク印刷の工程を実践できたことが役に立っています。
工程を知っていると印刷の入稿データを作る際に、必要なことと必要ではないことが分かるし、ちょっとした小技でアレンジしたりもできて面白いです。

考え方や姿勢などについて

よく対象について調べ理解し、時には実際に足を運んでリアルに観察すること。
自分で考えていることと、実際ではズレがあることもあったり、思いがけない感動だったりがあったりするので、プレゼンなどがあっても強力な説得力あるものが生まれる下地となることも。

今後の目標を教えてください。

今まではクライアントの依頼に応える形で仕事をしてきましたが、今後は自分が作りたいモノのデータ等を気ままに提供したりも同時にしていきたいなと思っています。
徹夜等はキツイ年齢にもなってきたので…(笑)

後輩(特に工学を学ぼうとする女子受験生)に向けてメッセージやアドバイスを一言お願いいたします。

自分がやりたい気持ちがあるなら、とりあえず挑戦してみたらいいと思います。男性の領域なんじゃないかとか、難しそうとか躊躇することもあるかもしれないですが、それ以上にやりたいことを学ぶのは楽しいですよ!

TOOLS