HOME女子学生特設コンテンツ 在学生|case.1 電子システム工学科

case.1 近藤 仙果|電子システム工学科

s.woman_case1

拓殖大学に入学した理由と工学(各学科の専門)を学ぼうと考えた理由や経緯を、教えてください。

東日本大震災の時に、原子力発電所の中を探索するロボットを見て興味を持ち、工学を学ぼうと考えました。そして、拓殖大学にはロボットコースがあったので入学しました。

現在、どのようなコースで学んでいますか?また、どのようなことに力を入れて授業や課題に取り組んでいますか?

機械システム工学科とのコラボレーションコースであるロボットコースで学んでいます。いろいろな器具の使い方を学ぶことに力を入れて授業に取り組んでいます。

工学部の専門科目の課題や・研究で、やりがいやたのしさはどのような点にありますか?

自分で作った回路やプログラムが思った通りに動いた時が一番楽しいです。

こころがけていることや大切にしていることを教えてください。

自力で問題を解決できた時に力が身につくと考えているので、あまり人に頼りすぎないようにすることを心掛けています。

部活動・サークル・ボランティアなどに参加していますか?

造形美術研究会に所属しています。
電子回路をメインにプログラミングやデザインなどをやっており、自分たちの作りたいものを作っています。

工学を学ぶ女子学生としての苦労やメリットなど感じたことがありましたら教えてください。

異性と話すことを少々苦手としているので、グループワークのときは非常に緊張しました。女子が少ないゆえに、先生にすぐに顔を覚えてもらえることはメリットだと思います。

今後の目標を教えてください。

沢山技術を身につけて、何でも作れるようになりたいです。

後輩(特に工学を学ぼうとする女子受験生)に向けてメッセージやアドバイスを一言お願いいたします。

男女の人数の差はあっても、学べることに差はないので、自分のやりたいことに向かってどんどん突き進んでいってください!!

TOOLS